神迎への儀

世の中がそうぞう

できむ動きがみえよう

それでも神にむかいし

神の子ならば

うごかむ心で

あらしさるとき

じっとまつ

そして

おだやかさ目の前に

ありて